学年末テストを振り返って

学年末テストの結果が出そろいました。目標を達成した人、今までと変わらなかった人、残念ながら成績が下がった人…。それぞれいました。成績が上がった人、期待通りの結果を出した人には、下記の通り共通点がありますので、参考にしてください。

 

〇 毎日、時間を決めて勉強している。

〇 そして、毎日23時までに寝る。休日でも寝坊せず、決まった時間に起きている。

〇 塾で寝ない。寝ても10分程度で起きて、その後は集中してやる。

〇 学校のワークで、解説を読んでもいまいちわからない問題は、わかるまで質問している。

〇 だから、2回目は自分の力で解ける比率が90%以上になる。(2回目でも正解率が90%に届かない場合は、1回目のやり方、解答解説の読み方、質問の仕方に問題があると考えてください)

〇 2回目でも自分の力で解けなかった問題は、3回でも4回でも「自力で解けるまで」繰り返している。

〇 それをやり切るために、テスト勉強はテストの3~4週間前にスタートしている。

〇 いつごろまでに、何を終えておきたいのか、おおまかなスケジュールは常に意識している。遅れている場合もその状況を自分でちゃんとわかっていて、遅れを取り戻そうと努力する。

 

ただし、一気に全部を直すのは大変なので、できそうなものから徐々に変えていくと、あなたの成績は変わっていくと思いますよ。